平成8年に都市計画区域外で家を

2008年08月05日

平成8年に都市計画区域外で家を

73 名無し組 02/10/10 22:02
平成8年に都市計画区域外で家を建てたところ、平成10年に市街化調整区域になりました。
この場合、再建築は可能なんでしょうか?根拠条文は、何条でしょうか?

74 ななし 02/10/11 12:35
法第34条10号ロで対応!
「既存建築物等の建替え」でなんとかなる!

この場合の既存建築物は、都市計画の線引き・線引き見直し前に建築したもの
及び法に基づく許可を受けたものです。

ちなみにこの場合、従前建築物の1.5倍以内なら開発許可はいらないと思う。(確認申請のみ)
(従前と用途が異なる、規模が1.5倍を超える、構造が木造から鉄骨造に変わるなどの
場合は、再び許可が必要)

だいたいの自治体で法34条第10号ロの基準が作成されているから、従前の1.5倍を超えても
かつ、従前と同じ用途であれば問題ないと思います!

但し、第三者に転売等の場合は、別の審査があるため再び許可対象となります!


75 名無し組 02/10/11 22:42
>>74
ありがとうございます。
34条10号ロってのは、
「開発区域の周辺における市街化を促進するおそれが...」って条文のことですか?


76 名無し組 02/10/12 01:30
そのとおりです!
ちなみに市街化調整区域での許可条件というのは
法第34条の1号から9号まで具体的に定めてありますが
それ以外は10号ロ対応になります。(10号イは大規模開発)

今回のような既存建築物の建替えについては、
旧建設省の通達により、10号ロ対応として扱っていいですよ!みたいな
感じで通知されております!(多分、こんなニュアンス)
ですから、調整区域になる前に住んでいたという既得権があります!

ご安心を!!


77 名無し組 02/10/12 11:41
>>76
な〜るほど!そういうことだったんですか!!
通達までは、知りませんでした。
ありがとうございました。

市街化調整区域に家を建築する方法


このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by ビルト at 06:41 | 市街化調整区域に家を建築する方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。